本文へスキップ

仙台市議会議員(若林区)きくち昭一


今後の取組み今後の取組み

  • 被災された方々が一人残らず「人間の復興」を成し遂げるまで、全力で復興に取り組みます。

1000年先を見据えた「新生!仙台」構築へ、これまで以上に災害に強い街、防災先進都市仙台を目指します。

・震災の風化に抗う取組み
 震災の記憶を留める市中心部へのメモリアル施
 設の早期整備

・最後のお一人が生活再建を果たすまで被災者に
 寄り添う。

  • 防災(減災)対策の推進

道路のかさ上げや防潮堤の整備等のハード面と防災教育・訓練等のソフト面の両面から被害を減らす減災対策の推進。

・昭和56年以前の建築物について早期の耐震化
 促進。

・指定避難所まで自主的に避難できる実効性の
 ある防災訓練の実施。

・家具類固定の更なる促進。

・公的備蓄の充実だけではなく、家庭内備蓄・町
 内会備蓄の促進。

  • 分譲マンション対策

市内で十数万人が居住する分譲マンション。特に昭和56年以前建築のマンションの耐震改修の促進、老朽化に伴う建て替えの問題他、今後も増加が予想される分譲マンション対策の諸課題に取り組んでまいります。

・耐震本診断並びに共用部分の大規模修繕への
 公的融資制度の創設。

・マンション管理士の活用による相談業務の充実

・老朽化した分譲マンションの建て替えに関する
 情報の提出。

・家具類の固定やベランダからの避難訓練等、
 減災対策の推進。

  • 地下鉄東西線沿線街づくり事業の推進

二酸化炭素排出による地球温暖化現象の抑制、また本市の進める「アクセス30分構想」実現のためにも、環境負荷の少ない鉄道軌道軸は不可欠であり、地下鉄東西線事業並びに沿線街づくりを促進してまいります。

・沿線地域住民との十分な意見交換、協議を行い
 住民合意の沿線街づくりの推進。

・「仙台うみの杜水族館」へのアクセスの確保。

  • 安心・安全な街づくりの推進

安心な街には人が集まり、街の活性化につながります。「犯罪の少ない街せんだい」の構築を進めます。
自転車の利用促進と法令順守、運転マナー向上の取り組み。

  • 福祉都市・仙台を創ります

「子育てしやすい街・仙台」「高齢者に優しい街・仙台」「障がい者が暮らしやすい街・仙台」を目指します。

  • 市民の健康を守ります

がん検診率の向上、ワクチン接種の推進。
健康寿命を伸ばす介護予防の取り組み強化。