平成24年  

平成24年12月18日
東日本大震災被災地の障がい者らを応援しようと、
 字幕や音声ガイドの付いた
 バリアフリー映画(22日公開の大奥)の特別試写会に出席。
 これは住友商事が主催し、東京都と宮城県が後援し、
 都議会公明党・党宮城県本部も開催の後押しをしてきた。
平成24年12月18日
公明党仙台市議団で地下鉄富沢車両基地を訪問。
 これまで実現を訴えてきたハート・プラスマークの表示が
 実現した地下鉄車両を視察。

 ハート・プラスマークとは、心臓や肝臓に機能障害を抱える
 内部障がい者が公共交通機関の優先席を利用しやすくするため
 のマークで、仙台市営のバス、地下鉄に表示が開始された。
平成24年12月18日
公明党仙台市議団で津波で被災した荒浜小学校を訪問。
 緊急避難所としての機能、屋上から荒浜地区の現状を視察。
平成24年12月 7日
メディアテークで開催の「デザインウィークinせんだい2012」を
 見学。
 「荒浜再生を願う会」のブースを視察。
平成24年12月 5日~19日

平成二十四年の第四回定例会が12月4日に開会され、一般会計補正予算並びに条例案を含む四十四件が
 提案されました。
 本会議における代表質疑は小田島久美子議員が、一般質問は鎌田城行議員が行いました。
 提案された四十四議案は賛成多数で可決され本年最後の定例会は12月19日に閉会いたしました。
平成24年11月30日

「荒浜移転まちづくり協議会」並びに「荒浜再生を願う会」が仙台市へ要望書を提出。
 両グループとも各々移転先の街づくりや故郷の再生について協議を重ねてきました。
平成24年11月20日
岩沼市を訪問。
 メガソーラー発電の事業者誘致について視察。
平成24年11月11日
石巻市を訪問。
 多数の犠牲者が出た大川小学校及び被災農地の復興状況等を
 視察。
平成24年10月28日
高砂1丁目公園仮設住宅集会所で井上衆議院議員を交え、
 意見交換。
 集団移転や生活再建について要望を聞く。
平成24年10月26日
せんだい保育室協議会と「子ども・子育て関連3法」の
 勉強会並びに意見交換会に出席。
平成24年10月17日
公明党仙台市議団は11月17日
 「平成25年度仙台市予算及び制度改正に係る要望書」
 を奥山市長に提出しました。
 「震災を風化させない、生活者を守り抜く」という強い信念のもと、
 復興計画の推進を最重点要望に掲げ、重点要望12項目に
 ついて要望並びに政策提言を行いました。
 市長からは
 「震災を風化させることなく復興を進めてまいります。要望内容を
 精査し、平成25年度予算に反映していきたい」
 旨回答がありました。
平成24年10月13日
16日まで4日間にわたり開催された
 第25回全国健康福祉祭
 「ねんりんピック宮城・仙台2012」
 開会式に出席。
平成24年10月 4日
公明党仙台市議団で10月から始まった市民持込み食料品の
 放射線測定方法・状況について視察。